安心安全の基盤を提案する電気通信・情報通信コンサルタント会社です

itakugyoumu

▼自治体納入実績

情報通信施設最適化計画・地域情報化計画

 「自治体内の情報通信設備計画を見直したい。」、「各々の情報設備を防災情報として連携したい。」、「今後の情報通信設備と災害連携等の多様性を図りたい。」などの問題提起対策事例

1.情報通信施設最適化計画

 各々整備された設備を調査確認し、再整備への方向性を検討提案します。
 独自の設備同士を共有化できるのか、また共有化するための再検討並びに、防災情報として連携の必要性並びに可能性のある方向性の導出を行い提案ます。

  • CATV(HFC方式)から(FTTH方式)への移行計画
     ■ノード以降の同軸系設備を光ファイバー化への比較検討
     ■ケーブルモデムからPON設備への比較検討
  • 基幹光ファイバー網のバックアップ回線への移行計画
     ■現用光回線からバックアップ光回線の冗長化への比較検討

2.地域情報化計画

 情報情報化計画の見直し、災害情報との連携や、各部門で整備している情報設備の運用管理を含めた具体的な計画と目指すべき方向性を提案します。
 緊急時に危機管理部門から見通せ対応できる環境の整備計画を提案します。

情報化計画(某自治体業務事例)     

    初年次    ⇒     2年次   ⇒    3年次完成
・計画支援業務

 委託業務契約
   ↓
 調査業務(机上、現地)
   ↓
 アンケート調査等
   ↓
 関連する上位計画
   ↓
 計画原案作成
   ↓
 計画原案修正
   ↓
 計画による修正
   ↓
 協議・見直し



 










 分類計画概算産出
   ↓
 視察・協議
   ↓
 対象事業案算出
   ↓
 全体計画案作成
   ↓
 PDFデータ完成
・研究開発事業支援業務

 委託業務契約
   ↓
 要望課題協議
   ↓
 机上・現地検討
   ↓
 関連調査(電波伝搬等)
   ↓
 計画原案作成
   ↓
 設計書(協議・作成)
   ↓
 申請業務支援
   ↓
 採択後


 



▼自治体納入実績

緊急雇用創出事業

 「緊急雇用事業を利用した防災情報の充実を検討したい。」、「従来の設備を防災情報として新たに位置づけたい。」などの問題提起対策事例

  • 緊急雇用事業を活用し、災害ポイントの位置を含めた情報の集積や、システム概要のマニュアル作りとマニュアルに準拠した地域説明等
  • タブレットやアプリケーションの説明や、全国HP調査を含めた、災害ポータルサイトの評価業務。


▼自治体納入実績

IRU評価業務

 「IRU事業を計画したい。」、「業者選定など明確に対応したい。」などの問題提起対策事例

  • IRU事業は設計施工となるため、当初の計画・選定評価業務を、大学と共同で業務評価が明確になるように、技術的・法制度面含め多角的に評価できる体制構築、業者選定調書や施工工事中の監理業務を行った。

IRU、某自治体業務事例

     初年次    ⇒    2年次     ⇒    3年次   
選定評価業務

 委託業務契約
  ↓
 事業案協議
  ↓
 大学参加要請協議依頼
  ↓
 協議会開催
  ↓
 公開提案依頼
  ↓
 審査会開催
  ↓
 総合評価
  ↓
 業者決定
  ↓
 事業内容評価
  ↓
 申請業務支援






監理業務

 監理業務契約
  ↓
 通信事業者設計書
       協議審査
  ↓
 申請関係協議支援
  ↓
 施工計画審査
  ↓
 各承認図面審査
  ↓
 工事着手開始














  ↓
 協議関係支援
  ↓
 工事工程協議
  ↓
 月2回進捗状況協議
  ↓
 随時資材入荷
   ・工事現場監理
  ↓
 完成見込み協議
  ↓
 変更設計後変更契約
  ↓
 出来高設計書
   ・事業実績報告




a:1533 t:3 y:3

powered by QHM 6.0.4 haik
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional